中国における紙幣発祥を学ぶ

中国の内部的な事情を探ってみると、色々と厄介なことが多かったよう

日本、西欧、そしてアメリカと話をしてきましたが、最後に中国の貨幣について少し話をしていこう。日本の貨幣も当時の中国を統治していた唐から伝来したものとなっているが、中国内部の状況を見てみると、実はそこまで銅貨が沢山精製されていた訳ではないという。中でも注目したいところとして、9世紀頃にヨーロッパで言うところのパピルス、パーチメントなどといった証書に似た、受領書というものが誕生していたということだ。これは現在でいうところの紙幣を意味しており、これらが基本的に効果の代わりに商取引として用いられていたという。しかし日本の歴史とを兼ね合わせて考えてみるともっと銅貨が中心的な通貨だったのではないだろうかと思うところだが、その頃は中国全域にて仏教が非常に信仰されていた事が起因している。というのも、仏教に必要な仏像を作り出すために必要な材料として銅が用いられており、仏像を作り出すためにも銅貨を作り出すことによって銅そのものが不足してしまい、仏像が作れなくなってしまうという問題が出てきてしまった。これは国内では由々しき問題として扱われ、仏像を作り出すためにも硬貨だけではなく様々な道具に銅を用いることを禁止する動きが強まっていく。

そうした過程の中で預かり金として明言するためのものとして受領書が登場するようになり、それが後に誕生する紙幣とへ繋がっていく。ではそんな紙幣の誕生を少し見ていくことにしよう。

物々交換してみる?
都心での生活を希望する方はなんといってもJR浜松駅 駅近 賃貸をお探しではないでしょうか? 大変人気の物件ばかりとなっているので、優良案件は即成約が決まりがち! 最新情報が公開されましたらすぐのご連絡をオススメ致します。
プロと講師が一体となって教えている医療事務の学校としても、当校は高く評価を頂いております。 多くの学生が実際のプロから授業を教わり学んでいる、そんな環境をお求めの方はいつでもどうぞ!

世界最初の紙幣

中国の紙幣を説明して行くと、その始まりは貨幣の誕生から話を進めていくと理解出来る。唐の長安において預かり手形を発行する業者が現れるようになると、供託金を払った時点において、受領書、あるいは飛銭という手形証書が与えられるようになる。こうした手形証書が盛んになって行くと、やがて飛銭は廃止されて、次に登場するのが『交子』と呼ばれるものだ。そしてこの交子こそ、中国において最初期の、そして世界単位で見ても歴史上最古として誕生した紙幣となっている。この交子は北宋時代の997年ごろに中国四川省にて発行されていたが、その後1023年には民間にて交子発行が禁止され、成都に交子務と呼ばれる交子を発行することが出来る唯一の機関を設立し、翌年には法定通貨として交子が発行されることになった。これは事実上、当時の政府によって正式に認可されたこと、そして交子を発行することが許された機関として樹立して交子を発行した瞬間には、世界で最初に誕生した紙幣としてその名を連ねることが出来る。

意外なところで中国が先進的に発達していた西欧諸国よりも開発した紙幣という考え方は、もしかしたら中国から西欧各国へと伝播した結果、その影響力を受けていたのかもしれない。そう考えると、やはろ中国という国が古代期においても、圧倒的な存在感があった事は確かなようだ。

貨幣についてもっとくわしく
台湾には大学が約170校あり、外国語学部日本語組を含む大学は約40校あります。台湾人の人口から単純に計算すると100人に一人が日本語を学習していることになります。日本企業の台湾人 採用のことならアストミルコープへ!

インフレーションの発生、そして紙幣流通廃止

交子が誕生したことによって紙幣の流通はその当時における中国国内では主流の流通通貨として用いられるようになる。その数もざっと20倍ほどまでに膨れ上がり、1094年から1107年までの間には平価切下げが行われるなどしていたが、その後1110年にてその価値が下がってしまうという事態に直面する。これは後の歴史においても最初期に発生したインフレーションとして語られている。良い意味でもそうだが、悪い意味でも初めての経験とやらを発生させているという意味では奇跡的と見ていいかもしれない。

その後元の世祖フビライによって紙幣を中心とした貨幣制度を確立させ、塩の販売には紙幣を限定するなどした政策が行われるなどしていた。だがこうした紙幣を中心とした経済活動の中で、やがて中国国内の経済を悪化させる出来事が起こる。それは成祖永楽帝の年において軍事費を捻出するために紙幣が乱発されるなどしたため、1448年に強大なインフレーションが巻き起こって中国経済は混乱を来たし、その後1455年に苦肉の策として国内全域において紙幣の流通を廃止するのだった。

過去の経験を元にしてか、それから400年ほどの時間の中で紙幣が新しく発行された事実は見つからず、やっとのことで紙幣再発行し始めたのは1853年頃の大清宝鈔が発行される。そして1898年には中国通商銀行券が発行されることになった。便利な道具として用いられていた紙幣だが、その紙幣もむやみやたらと供給ばかりを挙げてしまったことで、国内の経済に著しいダメージを与えてしまい、中国では紙幣を使用するという事が禁則事項となった。ワザワザ硬貨を運ばなくても良いという利点が魅力的だったのかもしれないが、そのつけが廻ってきてしまったということだ。

わらしべ長者になりたいあなたへ