アメリカ紙幣の起源を知る

植民地時代は西欧諸国の貨幣が使用されていた

西欧諸国の貨幣史を模索していると全ての経済活動の始まりを知ることが出来る、そしてそんな西欧諸国の支配を受けながらもやがては独立し、その巨大な大陸と共に成長して行くことになるアメリカの貨幣史もまた中々に興味が生まれるようなものとなっている。ここではそんなアメリカにおける貨幣の歴史を考察して行こう。

アメリカにも元々原住民が生息していたものの、ヨーロッパ諸国のような経済活動を行なっていたわけではない。非常に原始的な生活をしていたネイティブインディアン達は訳も分からないまま、新大陸を発見したという喜びに包まれているヨーロッパから圧倒的なまでの侵攻力で、瞬く間に植民地とかして行くこととなる。開拓されていくアメリカの歴史において最初期に使用されていた貨幣としてはイギリス・フランス・スペインといった国々の通貨が使用されていたが、そんな歴史において転換の分岐となる出来事がやはりヨーロッパからの独立というものからすべては始まることになる。

事の始まりは1690年、マサチューセッツ湾植民地において軍隊の遠征費用をまかなうため、当時としては初期となる『植民地紙幣』を発行するなどの動きが見られていた。そうした中でイギリスがフレンチ・インディアン戦争で勝利を辛くも収めることに成功したが、イギリスは戦争に費やすこととなった費用を多額の借金が残ってしまう。そんな借金を解消するために考案されたのが1765年に施行された印紙税法というモノで、植民地で利用されている公文書などの印紙を張ることを義務付けられていた。そしてこの印紙税法が誕生したことによって、イギリス側としては資金回収を行おうとしたが、更なる混乱を招き寄せることになるのだった。

物々交換してみる?

独立を促すことになった契機、そして独立へ

印紙税法というものが誕生したことによって、植民地側の人間達から多大な抗議運動を展開し、植民地とイギリス側の溝を深めていくこととなる。こうした状況をよろしくないと判断したイギリスは深夜による植民地兵を襲う夜襲をかけることになった。それが1775年4月19日のことだ、だがこのイギリス軍の動きが植民地側には既に気付かれており、むしろそれ以上に早い情報伝達力によって本来支配される側の植民地側が情報戦の勝利と共にイギリス軍に大打撃を与える。

やがてこの戦いを契機にマサチュセッツ州において紙幣が発行されるなどイギリス議会の意向を無視した行動を行うこととなり、そして本国と植民地との関係はますます悪化して行くこととなるのだった。もはや関係修復は望めない状況にまで追い込まれたことで、やがて開戦する独立戦争の中で大陸会議において1781年にフィラデルフィアの北アメリカ銀行に対して免許を発行し、後にアメリカにおける最初の中央銀行としての機能を有することになるのだった。開設してから翌年にはアメリカ貨幣が誕生することになるが、独立後においては施設銀行が中央銀行が誕生してから40数年後までにアメリカ全土で1,600もの私的銀行が作られるようになり、それぞれの機関ごとに発行されている紙幣が作り出されるようになった。その数ざっと30,000以上となってしまい、こうしたルール無用な時代の中で銀行の破産と共に、流通に関しても混乱を招くことになってしまうなどの問題が顕著になって行くだけだった。

貨幣についてもっとくわしく
医療事務の学校として、当校は正社員採用にこだわって就職生をサポートしております。将来に不安を残したくない方などに打って付けのカリキュラムとなっております。

様々な試行錯誤の中で誕生した、連邦準備銀行券

その後何とか西欧諸国からの支配から逃れ、1つの主権国家として独立することに成功したアメリカだったが、国外はもちろん国内においても南北戦争が巻き起こるなど、安定した世界への道は非常に険しいものだった。その中で南北戦争を融資するためにと求められた議会は1861年に『デマンドノート』と呼ばれる紙幣を発行することをアメリカ財務省に認可させた。そしてこのデマンドノートが普及し始めると共に、アメリカ紙幣は徐々に流通をし始めることになるが、そうした体制が著しい問題を引き起こすことになったのが金融恐慌という歴史的出来事がアメリカの貨幣に対する価値観を変容させていく。

アメリカは均衡の崩れた経済の安定と成長を図るために金融の流れを規制するため、国家の中央銀行として連邦準備制度が創設されると共に、連邦準備銀行券を発行するための権限が与えられるまでに至る。こうした一連の流れによって、ようやくアメリカでもいくつも存在していた貨幣が統一化された瞬間でもあり、そして現在までに繋がることとなる。

わらしべ長者になりたいあなたへ
店舗の片隅に展開するだけでOK! コインランドリー 経営というスタイルは現在も需要ありとなっています。 ご興味がおありでしたら弊社まで是非お問い合わせ下さい。